きゃあ!もうヤメテ!


 この悲鳴は西海市の妙齢女性の悲鳴だが、田中隆一西海市長に向 けられている。西海市有識者は次のように撃言した。
 「一年前、田中市長は『地場産業育成に力を入れる。信用してく れ』と市民に広言した。それで接戦を制して西海市長に初当選した。 私も清さ一票を入れた。市長が地元の企業に力を入れるは当然のこ とだが、公害垂れ流しの業者を側近におき、悪事を黙認・放置して おくのはいかがなものか。『信用してくれ』と市長が言っても、大 きい仕事は市外業者が受注し、そのおこぼれを西海市の地元業者が 拾っている有様だ。市内業者の受注が27%、市外業者の受注が7 3%、という比率。これじゃペテンにかけられたも同じだ」
 そうしたブーイングが西海市民の間で日に日に高まり、同時に 「それにしても市議会の先生方はどうしているのか、議会はどうな っているのか」という素朴な疑問が彷彿としているのである。
 西海市の市長、市議、県議、先生と呼ばれる方々は、火の粉の払 い方には十分気をつけることが肝要であるが、何よりも大事なのは、 日ごろから清廉潔白な政治活動を行い、家庭を大事にし、住民に愛 され、何か事ある時は、堂々と西海市民の前に出て政治活動を報告 し、警察にも相談できるように身を処しておくことである。


コメントを残す